私の大好きな漫画の一つに「ピアノの森」(一色まこと 講談社刊 全26巻)というのがあります。簡単にストーリーを説明すると、娼婦の息子がショパンコンクールで優勝するまでのストーリーです(ちょっと乱暴すぎましたか 優勝してからの感動のお話もあります)

私が漫画の単行本で発売日を心待ちにして書店に行く数少ない作品でした。

 

早起きドラマの中でこの原作の連続アニメをみつけました。(映画にもなっています。主演声優は、あの上戸彩です)

NHKでも連続放映されたということなので楽しみに観ました。

絵も原作から外れずストーリーはガマンできる運び(結構端折られてはいるが致し方ない)

満足はしないが原作を見ているのでどうにか見れました。

ところが第2シリーズになった途端、絵が動かなくなってしまうのです。はじめは演出?と思っていたのですがどうやらそうではなさそう。動かない、ひどい、昔のアニメの方がまだ動いていました。それに大事なエピソードまでがカットされている。あのシーンがなかったら初めて見る人はあれって思うぞ。

どうやら制作プロダクションが変更になったようです。

我慢してどうにか最後まで見ましたがひどい、あまりにもひどい。一色先生の作品なのでもう少し予算をつぎ込み丁寧に作ってほしかった。

やはり原作を超えるアニメは少ないようです。

 

あっ原作は超おススメです。

 

快眠枕と高反発ラテックス寝具の通販サイトNEMCA(ネムカ)

 

コメント
コメントする