多くの人は、寝る時を1日のゴールだと考えている。

だが、睡眠が翌日のコンディションに影響するならば、翌日のパフォーマンスを最大化するためには、就寝時間を1日のスタートだと考えてみてはどうだろうか。

 

「今日も1日疲れたから寝よう」という受動的な睡眠ではなく、「翌日のパフォーマンスをベストに持っていくために、さあ寝よう」という能動的な睡眠へと意識を変えることで、翌日起きたときの心構えが前向きになれるのではないだろうか。

 

翌日のためにさあ寝よう、という能動的睡眠を習慣化し、決まった時間に就寝するようにすれば、目覚めもよくなり、好循環のサイクルを朝から生み出すことができると思う。

 

ちょっとしたことがきっかけで、よくなることがある。

仕事やプライベートで行き詰ったときなど睡眠に対する気持ちの持ち方を能動的に変えるだけで変わることもある。

 

壁にぶつかり、八方塞がりになった際、能動的睡眠のようなちょっとした気持ちの持ちようの変化がきっかけで好転することもあるのではないだろうか。

 

 

 

コメント
コメントする